Profile

<Akira Taneko>'s picture

Akira Taneko

Personal Information

Affiliation SEED SCIENCE Lab.
Web site, SNS
Section Space and Planetary Sciences
Field of Study Earth and planetary science/Solid earth and planetary physics
Earth and planetary science/Geochemistry/Cosmochemistry
Astronomy/Astronomy

Topics

My name is Akira Taneko. The meaning is to clarify the origins "SEED CLEAR".

I am exploring Origins of Universe, Solar system, Earth, Moon etc with SCIENCE. WHY is more important than HOW.

As a method, as a result of Only Evolution,  Ffeatures of Universe, Solar system, Earth and Moon are divided into physically meaningful "Multi-Impact Hypothesis" and "Quantum Red Shift deviation Hypothesis" and "Superposition Hypothesis" It is Idea that you can verify by having a unified explanation.

Specifically, it is accumulated in Asteroid belt Ceres position of Chitius Baude's law,

Protoplanet CERRA (differentiated Mars size) is flattened toward Jupiter's near point by Perturbation of its outer giant mass planet (Jupiter), and tidal rupture immediately before collision with Jupiter.
It becomes a train asteroid like a shoe maker · Levi ninth comet, turns into an elliptical orbit and turns around Sun.
Here, there is a possibility of collision at the intersection with Earth orbit. Since the fragments are differentiated, Only Mantle ejection body (Moon) is formed.

I can explain Fact that Mercury's core / mantle ratio is doubled.

It is thought that Speed declined by Law of energy equality distribution at Time of Rupture, became an inner orbit and became Mercury.

From Theory, Crash velocity and Angle are accurately obtained, and Present monthly orbital energy is indicated in Error range of Restitution coefficient. (epochal)

Mantle Impactor can also show Moon injection of Mantle just like Newton's cradle. Furthermore, Eccentricity of Moon can be explained from Higher density as Inside of Earth's mantle. (2 km eccentricity is Reason why Moon always points Surface)

In Giant-Impact Hypothesis, Moon is low-orbital energy of 1/20, and No acceleration energy Idea.

 

Research works

Total number 19

  • 種子彰 (2017) プレートテクトニクスと深海洋底と環太平洋弧状列島の起源,地球自転軸 の傾斜とバンアレン偏芯の起源とプレートテクトニクスの新駆動力 --全てはマルチインパクト仮説でアブダクションを用いて統一的に検証-- 2017 MIS15-P06, M-IS15 Geophysical fluid dynamics-Transfield approach to geoscience 日本地球惑星科学連合2017年大会
  • 種子 彰 (2017) 惑星集積メカニズムの謎と起源,月の起源,小惑星帯,コアリッチ水星,全て の起源と謎をマルチインパクト仮説で一度きりの進化を利用して,アブダ クションを適用し統一的に証明された.それは過去の起源を解明する画期的な方法である. 2017 PPS10-P22, PPS-10 Formation and evolution of planetary materials in the solar system 日本地球惑星科学連合2017年大会
  • 種子彰 (2017) 太陽系の起源は,何故?という問いによって探究される. 惑星の法則はニュートンの万有引力によって解明された. ボーデの法則を利用した,小惑星帯と月と大赤斑の起源を同時に説明でき る仮説で,アブダクションにより統一的に説明できた. PPS07-P27, P-PS07 Planetary Sciences 日本地球惑星科学連合2017年大会
  • 種子彰 (2017) 深海洋底とプレートテクトニクスの起源,慣性能率偏芯モーメント駆動力 の証明 環太平洋孤状列島背弧海盆の起源,プレート相互の潜り込みメカニズ ム,移動方向の急変の理由,全てを統一的に説明する「マルチインパクト 仮説」のアブダクションによる検証 ---- 一度だけの地球進化・実証歴史 による - 2017 SIT23-P02 , S-IT23 Structure and Dynamics of Earth and Planetary Mantles 日本地球惑星科学連合2017年大会
  • 種子彰 (2017) アブダクションによる宇宙物理を用いた起源の証明方法-地球も生命も形 成される前の過去において- (地球・大赤斑・小惑星帯・月・深海洋底・プレートテクトニクス・生 命) それは全ての起源を統一的に探究する最良の方法である 2017 MZZ42-P09, M-ZZ42 Geoscience Studies: historical, philosophical and STS studies 日本地球惑星科学連合2017年大会
  • 種子彰 (2017) 宇宙物理学における新定常宇宙論のAbductionによる証明法. (地球中心の赤方偏移と等方背景輻射を説明,膨張も物質創性も無い) 2017 MZZ42-P08 , M-ZZ42 Geoscience Studies: historical, philosophical and STS studies 日本地球惑星科学連合2017年大会
  • 種子彰 (2016) 「月と地球のミッシングリンク」を解決する新パラダイム,「月形成と地球のプレートテクトニクス」の起源を共に説明する「マルチインパクト仮説」と水星の形成 2016 PPS11-P17 , P-PS11 惑星科学 日本地球惑星科学連合2016年大会
  • 種子彰 (2017) マルチインパクト仮説: 「月と小惑星帯とプレートテクトニクスの起源」 アブダクションによる検証と 巨大インパクターの衝突コース予測, 衝突研究会 衝突研究会
  • 種子彰 (2016) 何故弧状列島は形成されたか,どの様に凹プレート海盆は造られたのか.プレートテクトニクスの起源全てを,ユニークな仮説により解明できた. 2016 SGL36-P04 , S-GL36 プレート収束境界における堆積盆形成テクトニクスの新たな展望 日本地球惑星科学連合2016年大会
  • 種子彰 (2016) チチウスボーデの法則,月の形成メカニズム,プレートテクトニクスの駆動力を統一的に説明する「マルチインパクト仮説」の,アブダクションで地球進化を解明, ダイヤモンド形成の謎に迫る 2016 MIS10-P10 , M-IS10 地球流体力学:地球惑星現象への分野横断的アプローチ 日本地球惑星科学連合2016年大会
  • 種子彰 (2016) プレートテクトニクスの起源,深海洋底の起源,駆動力の解明,マルチインパクト仮説による 2016 MIS13-02 , M-IS13 遠洋域の進化 日本地球惑星科学連合2016年大会
  • 種子彰 (2016) What can be obtained in Mult Impact Hypothesis by Abduction? Approaching the mystery of Origin of "Solar system and Asteroid belt"! 2016 PCG10-P19, P-CG10 Small Solar System Bodies: General and Mars Satellite Sample Return Mission 日本地球惑星科学連合2016年大会
  • 種子彰 (2015) 「月と地球のミッシングリンク」を解決する新パラダイム,「月形成と地球のプレートテクトニクス」の起源を共に説明する「マルチインパクト仮説」と水星の形成 2015 PPS11-P17, P-PS11惑星科学 日本地球惑星科学連合2015年大会
  • 種子彰 (2015) マルチインパクト仮説による、月と地球深海洋底とプレート境界割れの全てを統一する形成メカニズムとプレート駆動力の起源 2015 MIS22-07, M-IS22 地球流体力学:地球惑星現象への分野横断的アプローチ 日本地球惑星科学連合2015年大会
  • 種子彰 木星摂動によるCERRAの潮汐断裂メカニズム、そのマントル片が地球に衝突する月形成仮説 2015 PCG30-04 , P-CG30 太陽系小天体研究の新展開 日本地球惑星科学連合2015年大会
  • 種子彰 (2015) 空間量子赤方偏移仮説と新定常宇宙論 2015 U06-P24, U-06 宇宙・太陽から地球表層までのシームレスな科学の新展開 日本地球惑星科学連合2015年大会
  • 種子彰 (2015) 大赤斑の起源と衝突による月と地球の深海洋底の形成 2015 PPS21-P10, P-PS21 惑星科学 日本地球惑星科学連合2015年大会
  • 種子彰 (2014) 木星摂動によるセラ分裂とマルチインパクト仮説による月と深海底の起源 2014 O4-07􀀐􀀓􀀚, 日本惑星科学会2014年 O4 惑星形成Ⅱ 日本惑星科学会2014年秋季大会
  • 種子 彰 (2014) マルチインパクト仮説による月と地球の起源 2014 U06-P24, U-06 太陽系小天体研究の新展開 U06-P24 日本地球惑星科学連合2015年大会

More

File cabinet

Other link has not been added.